米弾劾調査、共和党の「3つの主張」は本当か ファクトチェック

ジョナ・フィッシャー(ウクライナ首都キーウ)、リアリティーチェック(ファクトチェック)チーム

TV screens showing hearing Image copyright Getty Images
Image caption トランプ米大統領に対する弾劾調査はテレビ中継される段階に入った

500 Internal Server Error-澳门赌博平台


nginx

弾劾公聴会を開いている下院情報委員会で共和党トップのデヴィン・ヌネス筆頭委員は、19日の公聴会の冒頭で、3つの具体的な主張をした。

それはどういうことで、どこまで信憑性(しんぴょうせい)があるのか?

1. 「内部告発者は民主党とつながっている」

500 Internal Server Error

シフ委員長の報道担当は、これは異例のことではなく、内部告発者が議会委員会に接触することは過去にもあったと説明。民主党が多数党の時も、共和党が多数党の時も、同様のことがあったという。

Image copyright Getty Images
Image caption 弾劾調査を進める下院情報委のシフ委員長。告発者と直接会ったことはないという

内部告発者から接触があった場合に連邦議会がどう対応すべきかについては、公式ガイドラインがある。つまり、議会がこうした内部告発の受け手になるのは、ごく普通であることがうかがえる。

シフ委員長は、内部告発者に直接会ったことがあるという共和党の言い分を否定しており、最近の公聴会ではそれが誰かも承知していないと発言した。

告発者が以前から民主党とつながっていたという共和党の主張については、告発者の代理人をつとめる弁護士が、特定の政党や候補や選挙活動のために働いたことはないと述べている。